スタッフブログ

2017.10.12更新

最近暑いのか寒いのかわからない気候で体調崩されていませんか?

僕は相変わらずの絶好調です(笑)

さて、

10月7~9日の3日間、高校サッカーの遠征へ帯同してきました。

場所はというと、長野県。いわゆる避暑地です!

昨年も参加してきたのですが、その時は雨天でぶるぶる震えていました( ノД`)シクシク…

というのも気温が5度!? そら寒いでしょ(笑)

なので今年は防寒具もそろえて万全の態勢で臨みました!

ところが今年は晴天に恵まれ、暑い( ノД`)シクシク…

長野

でもおかげさまでぜっこのグランドコンディションでした!

今月末より選手権予選が始まります。

いい状態で臨めるように選手もスタッフも準備していきます!

 

投稿者: つなぐ鍼灸整骨院

2017.09.20更新

先日の3連休は奈良県内も見事に台風の影響で警報の嵐でしたね(笑)

さて、そんなときに当院はといいますと・・・

ドリクリ1

こちらのサポートとして参加してきました!

ドリブルデザイナー 岡部将和 さんはご自身考案のドリブル理論で全国を周っており、日本代表選手にもご指導されている方です。

その岡部さんが奈良県でクリニックをされることとなり、ご縁を頂きサポートすることになりました。

ドリクリ2

左から最強ボスDFのしょうごさん、私、ドリブルデザイナーの岡部さん

3人ともいいおでこしてるでしょ(笑)

ドリクリ3

運営の方々のご協力あって台風もどこにいったのやら、いいピッチで開催することができました!

 

スポーツを上達したい方おススメの整骨院

つなぐ鍼灸整骨院

奈良市富雄元町2‐6‐22

 

投稿者: つなぐ鍼灸整骨院

2017.08.02更新

我が子にスポーツ選手になってほしい!

我が子に勉強できる子になってほしい!

 

そのように願うはたくさんおられると思います。

 

このスポーツと勉強に欠かせないのが『正しい姿勢を身に着けること』です。

 

ただ具体的にどうすればいいのでしょうか?

 

まず、頭のてっぺんからお尻にかけてカラダの中心部に1本の軸があると意識してみてください。

そして、もうひとつ意識したいのは

いつでも真上に飛び上がれる状態でいること。

 

右利きの子は右腰の位置が少し後ろになりがちといった癖は、いつでも真上に飛び上がれる状態を意識させることで矯正出来てきます。

 

そして、

目線を水平にすることも重要です。

水平だからこそ、常に目から正しい情報が入ってきます。

目線が傾いていると情報が歪んで入ってくるので正常な上方に修正する作業に脳が手間取ってしまいます。

だから姿勢の悪い子は何をやっても時間が掛かってしまいます。

 

こうした意識付けを小さいころから行っていけば、自然と良い姿勢が身についていきます。

姿勢の良さは一朝一夕に身に付くものではありませんが、必ず子供の成長を飛躍的に助けるものとなります。

 

 

子どもの姿勢が気になる方は、つなぐ鍼灸整骨院へご相談を!

 

投稿者: つなぐ鍼灸整骨院

2017.07.27更新

子どもたちが一生懸命に練習をしている姿はキラキラしていてかっこいいですよね!

親としてはうれしい限りですよね♪

膝のケガ

さて、

子どもの身体は大人の身体とは異なった構造をしており、身長や体重が大きく成長するために骨も軟らかく、骨の一部に成長軟骨という軟骨成分を持っています。

そのため大人と比べて弱く壊れやすい特徴があります。

そのため激しい運動により成長軟骨部分に負荷がかかり、大人では起こりえない障害が発症します。

放置しておくと大人になってから後遺症となる可能性があるものとならないものがあります。

どちらにしても大事なのは出来るだけ早期に安静・治療を行うことです!

例えば代表的なスポーツ障害である『オスグッド病』

多少の痛みがあっても練習ができます。ですが発症の早期に安静・治療を施せば早期に痛みは消失しますが我慢して練習を行い、練習ができないくらいになってからではなかなか痛みは消失せず、長期間練習ができないばかりか、再発する可能性が高くなります。

 

全力で練習することと、痛みをかばって練習すること。

 

どちらが愉しいですか?

どちらが上達するでしょうか?

 

大人のあなたなら理解できますよね。

 

 

 

スポーツ障害なら奈良市富雄のつなぐ鍼灸整骨院

投稿者: つなぐ鍼灸整骨院

2017.07.11更新

先日、奈良県フットサルリーグ第4節があり、サポートチームのFALANGITOは13対3と攻撃陣がうまく機能し、快勝しました!

 

応援して下さった皆様のおかげです、ありがとうございます<m(__)m>

 

次節は9月10日なのでしばし空きますが、フィジカルをあげるべく、僕の本領発揮です(笑)

 

どれだけ追い込まれてるか見たい方はラボーナ高山へお越しを(笑)

 

※試合の詳細はこちらへ⇒FALANGITO

 

 

投稿者: つなぐ鍼灸整骨院

2017.07.04更新

トレーナー活動をしているといろんなアクシデントの遭遇します。

 

先日起きたアクシデント。

 

サッカーの試合中に人工芝に足を取られ滑ってしまい右手をついて転倒。右手首が嫌な方向に曲がってしまいました。

 

整復

明らかに骨折しているのがわかります。

そこで選手に手伝ってもらいながら、その場で折れた部分をくっつけるために整復をします。

痛みは伴いますが、整復後は痛みはある程度引きます。

 

何で痛みが引くのか?

不思議ですよね!?

折れているのに。

 

それはですね・・・

 

骨が折れた時に痛みを出すのは骨膜という骨の表面の部分に神経が司っており、その部分が整復されることでつながり痛みが引くということです。

このまま、救急で病院へ行き、ギプス固定を行いました。

 

折れたまま放置すると、かなり痛いのですぐさま判断して整復するのが我々、トレーナー(柔道整復師)の役割です!

 

本当は何もアクシデントが起こらないのが一番なんですけどね(>_<)

 

スポーツ傷害、ケガの早期回復、フィジカルトレーニングなら、

奈良市富雄のつなぐ鍼灸整骨院にお任せを!

投稿者: つなぐ鍼灸整骨院

2017.06.30更新

皆さんはどう思われますか?

さて、問題です。

アメフト選手は足が遅いでしょうか?

C・ロナウド選手は筋トレしていないのでしょうか?

 

正解は・・・

アメフト選手⇒めちゃめちゃ早いですよね!

C・ロナウド選手は約150キロのバーベルを抱えながらスクワットしますし、約200キロのレッグプレスもこなします。

それでもあのスピードです!

 

いかがでしょう?

当院ではこのように考えています。

 

筋肉をつければ、体重はアップします。そのアップした分、体が重いと感じます。(実際に体重が増えているので)

急に筋肉をつけるとその分体重が上がることで、一時的にパフォーマンスが落ちることはスポーツの現場ではよくあることです。

しかしそれに見合う形で自分のスキルを獲得していくことで、結果的には、筋力をつけた分、以前よりスピーディかつダイナミックに動けるようになるでしょう。

それだけに筋力トレーニングは、しっかりと計画的かつ段階的に行っていくべきだと思います。

どんなタイプの選手であっても、より高いレベルに成長するためには、筋力トレーニングは不可欠です!

 

トレーニングについてのご相談は『つなぐ鍼灸整骨院』までお問い合わせを!

 

トレーニング

投稿者: つなぐ鍼灸整骨院

2017.05.26更新

久々の投稿になります(笑)

完全に忘れていました、すいません<m(__)m>

さて本題に入ります。

今年度より奈良県フットサル1部リーグに所属するチームFALANGITOとトレーナー契約を結ぶことになりました。

トレーナー

詳しくはこちらへ⇒FALANGITO

担当はフィジカルメディカルを主に日々のトレーニングから試合でのアップ・ダウンを指導させていただいています。

シーズンも今月より始まり、現在開幕2連勝と首位を走っています!目標は奈良県優勝&関西リーグ進出です!

第3節が5/28(日)生駒総合体育館で13:20キックオフです。
FALANGITOカラー”オレンジ色”のアイテムを持って応援の程宜しくお願い致します<m(__)m>

 

当院では随時トレーナー帯同希望のチーム・個人を募集しております。またトレーニング指導希望のチーム・個人も募集しております。

気になる方はぜひお問い合わせを!

 

アスリートをサポートするつなぐ鍼灸整骨院

奈良市富雄元町2‐6‐22

tel 0742-41-6013

 

 

 

投稿者: つなぐ鍼灸整骨院

2016.08.06更新

一か月前に練習のアップ運動をしていた際に『ピキッ』痛みを覚え、それから練習時に痛みを感じるようになった。

最近になり、全力でダッシュができなくなり、来院。

 

肉離れ

 

症状

歩行痛はないが走行時に痛みを感じる。ストレッチ時の痛み有。坐骨結節に圧痛を認める。トータル的に柔軟性は↓

 

初診時

ハムストリングス付着部の肉離れと考え、当日練習後に来院されたのでアイシング+超音波療法+テーピングによるコンプレッション。

 

2回目

初診時よりも半分くらいに痛みが引く。ストレッチ、チューブエクササイズのリハビリ開始。

 

現在もリハビリ継続中。

 

急な痛みは早期に施術することによって早期回復できますので、ちょっとした痛みでもすぐに専門家に診てもらいましょう。

 

 

投稿者: つなぐ鍼灸整骨院

2016.08.02更新

陸上の練習中に違和感を感じていたが1週間後の練習でスタートの際に『ピキッ』と痛みが走る。

当日に来院。

 アキレス腱

状態

歩行時の痛み、アキレス腱部の腫脹および熱感を認める。

トンプソンテスト-

 

初診

アキレス腱炎と考え、周囲の筋肉や腱の硬さを緩和させるような超音波・アイシング療法を行う。

レースが近いため、練習は休めないとのことだったので、テーピング+ソルボパッドにて練習許可。

 

3回目の施術

歩行時の痛み消失、練習中は痛まないが、練習後に痛む。

腫脹は消失。鍼+パルス療法+ストレッチ

 

レース当日

テーピングにて出場したものの、好タイムを記録。

 

現在も施術継続中。

 

違和感のある状態で練習を続けていると大抵、大きな痛みが出現する傾向にあるように思われますので、その際は速やかに専門家に診てもらうもしくは、

セルフケアをいつも以上に行いましょう! 

早期の対処が早期回復、ケガの防止につながります。

投稿者: つなぐ鍼灸整骨院

前へ
side_inq.png