スポーツ障害/スポーツ外傷

アスリートの方へお伝えしたいこと

慢性的な痛みやスポーツ障害を引き起こすとき、そこには必ず原因があります。
あなたの持って生まれた骨格、生活習慣、姿勢、スポーツの種目、過去の怪我…あげればキリがありません。そのすべてが影響して今の痛みや将来の痛みを引き起こします。
痛みはその人にとっての「正しい体の使い方」を作りあげることでなくすことが出来ます。
「正しい体の使い方」とは痛みの出ている部分を体全体で支え、負担をなくしていくということです。本来の「正しい体の使い方」の技術とそれを支える筋力を強化します。
普段の生活の中でそれが出来れば痛みはなくなり、競技のレベルまで「正しい体の使い方」を高めていくことで同時にパフォーマンスアップすることが出来ます。
トレーニングで痛みをなくす・パフォーマンスアップする。
これが当院の強みです。

スポーツ外傷について

スポーツ外傷で最も大切な事は、鑑別診断と初期治療処置です。

つなぐ鍼灸整骨院では、整形外科勤務時代の臨床経験と技術(ギプス巻き・テーピング・装具の作成)を用いて、初期治療を的確・迅速に行うことにより大幅に治療時間が短縮し、的確な治癒に向かいます。

当院の鑑別診断には、骨以外にも靱帯・腱も視察可能な超音波観察装置(エコー)を使用し、経験的知識とあわせて、的確な判断をしていきます。
 
初期治療処置である、固定は最も重要になってきます。
ここでの選択を誤ってしまったら、後遺症の痛みが残りやすくなってしまいます。
内出血を伴う場合や歩行困難な足関節の捻挫も、テーピングやサポーター固定だけでは、時間の経過とともに痛みは緩和しますが、関節の緩みが残ったり、慢性的な腫れなどが残ってしまいます。
よく、捻挫が癖になるといいますが、このような中途半端な固定が行われているからでしょう。

当院では、固定する時はしっかりギプスで固定し、松葉杖で免荷することにより、確実に治していきます。


当院では、精密検査や手術処置が必要と判断した時は、総合病院医師へのご紹介を行っています。



 スポーツ選手の場合、ある程度自分の体の悪いところを知っているのに、放置していることがあります。

これは、最初の治療をしっかり行えば防げたものですが、個人の判断で中途半端な対処しかしなかったために起こってしまったのです。

十分に治っていない古傷があると、その古傷が次の大きな外傷を引き起こす可能性はとても高くなってしまいます。

「忙しい」、「そんなに痛くない」を理由に、医療機関を受診しないのはよくありません。

早期の治療をお勧めします。

 

骨折

骨折とは、骨や骨膜が損傷した状態のことを言い、一般的に「ヒビが入った」と言われる状態もこの骨折に含まれます。基本的な治療方法としましては、患部にギプスを巻き、損傷した骨が付くまで安静状態を保つというものです。当院ではこの「ギプスを巻く」ことから、骨折治療器による治療までも行っておりますので、ワンストップで早期回復をはかることが可能です。

スポーツ障害について

つなぐ鍼灸整骨院には、スポーツ愛好家、小・中学生や高校生、プロリーグの患者様も多数来院されています。スポーツ障害とは、スポーツによって繰り返される過度の負担が積み重なることが原因となって、痛みを主とした慢性症状が生じた状態のことをいいます。


軽いものは運動時のみの痛みですが、重症になると日常生活にも支障をきたすようになります。

代表的なスポーツ障害には、疲労骨折・野球肩・野球肘・テニス肘・ジャンパー膝・骨端症(オスグッドシュラッタ―病など)シンスプリント・足底筋膜炎などがあります。

このスポーツ障害には、年齢・性別・スポーツ種目などによって特徴があります。

特に、小児の場合は骨の成長がまだ進行しつつある段階であるために骨端線(成長軟骨)が弱く、そこにストレスが加わることにより炎症をおこしたり、骨が癒合せずに分離したままになる骨端症などになりやすい傾向にあります。

野球肩、リトルリーガーショルダーなど

野球肘、テニス肘など

ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、タナ障害、腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨など

シンスプリント、アキレスなど

スポーツ外傷・障害では、診断時の「見立て」が重要!

「見立て」とは、患者様の患部を目で見たり手で触れたりすることで、何が原因で症状が発生しているのか、患者様が訴えている症状以外にも異常はないかなどを、正確に判断することです。
例えば患者様が「膝が痛い」と訴えていても、その原因は膝ではなく別の部分にあることも少なくありません。そのため当院では、今ある症状を診るだけでなく、「何が原因でそうなったのか?」までをしっかりと診断するように努めております。
当院の院長は、この「つなぐ鍼灸整骨院」を開業させる前に整形外科で勤務していたこともあるため、スポーツ外傷・障害の「見立て」に関して豊富な経験と知識を持っております。
またスポーツトレーナーとして、実際の競技現場・練習現場などにも頻繁に足を運んでおりますので、患者様から「どういう状況で怪我をしたのか」をご説明して頂く際にも、鮮明なイメージを持ってお伺いし、より正確な診断を行うことができます。さらには「怪我が発生しやすいシチュエーション」についても熟知しておりますので、怪我予防のためにはどういった点に注意すればいいのか、どんなトレーニングが効果的なのかなど、より具体的なアドバイスをすることができます。

当院でなら、骨折もワンストップで治療が可能!

腕や脚などを骨折した場合、多くの方が整形外科などで治療を受け、その後、リハビリのために整骨院に通院されるかと思います。しかし当院では骨折治療に際して、患部にギブスを巻くことも骨折治療器による治療も行っておりますので、ワンストップで早期回復をはかることが可能です。

料金

スポーツ外傷・障害 ※厚生労働省の定める料金
side_inq.png