交通事故治療

交通事故によるケガ、負傷の治療・リハビリに多数の実績あり‼

早くつなぐ鍼灸整骨院に相談しておけばよかった・・・

そうならないためにも1番最初に当院へご相談下さい!

ご相談は『無料』です!

つなぐ鍼灸整骨院では、整形外科で培われた知識と技術を用いてレントゲン・MRIなどの画像ではわからない腰痛(捻挫)むち打ち症(捻挫)の状態を正確に判断できるため、それぞれ最適な施術ができます。
これは、整形外科での勤務経験と国家資格を持った施術者だからです。

整形外科勤務時は1日に100名以上の患者様をリハビリを通して診てきましたので他院とでは圧倒的に経験量が違います! 

病院と整骨院の交通事故時の対応の違い

病院

手術を要する
怪我の治療

レントゲンやMRIなどの
精密検査

診断書の
作成

痛みどめの
処方

交通事故に遭われたら、手術が必要な大きな怪我をした時には、医療機関に通院するのが一般的です。
なぜなら、レントゲンやMRIでの精密検査がする必要があるからです。
レントゲンやMRIでは、骨や組織の重大な損傷を診断することができます。
また、正式な診断書を作成してもらえますので、交通事故に遭った際は必ず診てもらいましょう。

整骨院(当院)の場合

レントゲンでは
判断しにくい症状

手技などの
患者様に合わせた治療

21時まで
診療をしている

交通事故後の保険の手続きや
やり取りの対応を致します

当院ではレントゲンでは診断しづらいむち打ち症による捻挫、腰痛、首痛などの
状態を正確に判断できるため、その適切な治療を行う事ができます。

また骨折によるリハビリも早期から行うので早期回復が望めます。
これは、柔道整復師国家資格を持った施術者だからこそできることです。

もし交通事故に遭ったら・・・

1加害者の免許証の確認

加害者の免許証を確認し、相手の氏名、住所、連絡先、車のナンバーを控えるようにしてください。
またこの時、相手が任意保険に加入しているかどうかも確認するようにしましょう。

2警察に被害届を提出

警察に連絡し、被害届を提出してください。事故発生から時間が経過すると、事故当時の記憶が 曖昧になることもありますので、速やかに連絡するようにしてください。
また仮渡金の請求に必要となりますので、併せて交通事故証明書の申請も行ってください。

3医師の診断を受ける

激しい痛みなどの自覚症状がなくても、思わぬところに異常が生じている場合もありますので、必ず医師による診断を受けるようにしてください。
診断後、医師に診断書を作成してもらい、それを警察に提出して自賠責保険へ治療費を請求します。

4保険会社に整骨院で治療を受ける旨を伝える

保険会社の担当者に、整骨院で治療を受ける旨を伝えてください。なお、どの整骨院に通院するかは患者様自身に決める権利があります。

交通事故治療・むち打ち治療の補償、慰謝料

治療費

自賠責保険が適用されるので、患者様のご負担はございません

実質0

交通事故治療の保障費

1治療費

2交通費(電車、バス、タクシー、ガソリン代etc・・・)

3休業損害賠償

治療期間について

3ヶ月~6ヶ月。これはケガの程度や事故の種類によっても違います。
比較的早い方で1週間~10日で症状は70%~80%減少します。

慰謝料について

交通事故の被害者になってしまった方には、必ず慰謝料というものが発生致します。
交通事故が原因により経済状況・生活環境の問題を生じることが考えられるため、それを補うためお支払いされるものです。

具体的な算定としては、
総治療日数×4,200円 または、
(通院実日数×2)×4,200円

どちらか少ない方となります。

治療の流れ

腰痛、首痛、頭痛、手足のしびれなど患者様が訴えるそれぞれの症状に合わせて手技方法を選択し適切な方法で症状を改善に導きます。
また交通事故治療のうち、最も怖いのが手足のしびれなどの神経症状です。これらは放置しておくと後遺症になる可能性もありますので、そうした症状を見落とすことがないよう、診断の際には細心の注意を払っております。

side_inq.png