交通事故治療

交通事故によるケガ、負傷の治療・リハビリに自信があります‼

こんなお悩みありませんか???

  • 電機治療・牽引治療を続けているが、痛みが取れない
  • レントゲンで異常なしと言われたけど、痛みがある
  • シップと痛み止めだけで本当に治るの?
  • 病院に通院しているけど話を聴いてくれない
  • 頭痛がひどくて何もする気になれない
  • 痛みよりもしびれがつらい

早くつなぐ鍼灸整骨院に相談しておけばよかった・・・

そうならないためにも1番最初に当院へご相談下さい!

ご相談は『無料』です!

つなぐ鍼灸整骨院では、レントゲン・MRIでは異常が発見しづらい腰痛(腰部捻挫)・むち打ち症(頸椎捻挫)・打撲・肉離れ・捻挫などの状態を正確に判断できるため、その最適な施術法を幅広く持っています。
これは、整形外科での勤務経験と国家資格を持った施術者だからです。

また、手技による施術がメインのため個別での身体のケアが可能です。
また、仕事などで忙しい方のために予約優先制で、21時まで受付・診療をやっています。一人一人の患者様に向き合って交通事故の患者様が抱える身体的・心理的・社会的な苦痛を熟知していることも強みです。

 

交通事故での医療機関と整骨院の対応の違い

医療機関

手術を要する
怪我の治療

レントゲンやMRIなどの
精密検査

診断書の
作成

痛みどめの
処方

交通事故に遭われたら、手術が必要な大きな怪我をした時には、医療機関に通院するのが一般的です。
なぜなら、レントゲンやMRIでの精密検査がする必要があるからです。
レントゲンやMRIでは、骨や組織の重大な損傷を診断することができます。
また、正式な診断書を作成してもらえますので、交通事故に遭った際は必ず診てもらいましょう。

整骨院(当院)の場合

レントゲンでは
判断しにくい症状

手技などの
患者様に合わせた治療

21時まで
診療をしている

交通事故後の保険の手続きや
やり取りの対応を致します

整骨院では、レントゲンでは異診断しづらいむち打ち症や、腰痛、打撲、捻挫、肉離れなどの
状態を正確に判断できるため、その適切な治療を行う事ができます。

また骨折によるリハビリも早期から行うので早期回復が望めます。
これは、柔道整復師という筋骨格系の国家資格を持った施術者だからこそできることです。

もし交通事故に遭ったら・・・

1加害者の免許証の確認

加害者の免許証を確認し、相手の氏名、住所、連絡先、車のナンバーを控えるようにしてください。
またこの時、相手が任意保険に加入しているかどうかも確認するようにしましょう。

2警察に被害届を提出

警察に連絡し、被害届を提出してください。事故発生から時間が経過すると、事故当時の記憶が 曖昧になることもありますので、速やかに連絡するようにしてください。
また仮渡金の請求に必要となりますので、併せて交通事故証明書の申請も行ってください。

3医師の診断を受ける

激しい痛みなどの自覚症状がなくても、思わぬところに異常が生じている場合もありますので、必ず医師による診断を受けるようにしてください。
診断後、医師に診断書を作成してもらい、それを警察に提出して自賠責保険へ治療費を請求します。

4保険会社に整骨院で治療を受ける旨を伝える

保険会社の担当者に、整骨院で治療を受ける旨を伝えてください。なお、どの整骨院に通院するかは患者様自身に決める権利があります。

交通事故治療・むち打ち治療の補償、慰謝料

治療費

自賠責保険が適用されるので、患者様のご負担はございません

実質0

交通事故治療の保障費

1治療費

2交通費(電車、バス、タクシー、ガソリン代etc・・・)

3休業損害賠償

治療期間について

3ヶ月~6ヶ月。これはケガの程度や事故の種類によっても違います。
比較的早い方で1週間~10日で症状は70%~80%減少します。

慰謝料について

交通事故の被害者になってしまった方には、必ず慰謝料というものが発生致します。
交通事故が原因により経済状況・生活環境の問題を生じることが考えられるため、それを補うためお支払いされるものです。

具体的な算定としては、
総治療日数×4,200円 または、
(通院実日数×2)×4,200円

どちらか少ない方となります。

治療の流れ

むち打ち、腰痛、頭痛・吐き気、手足のしびれなど、患者様が訴えるそれぞれの症状に合わせて、手技、鍼灸、器具による治療など、適切な方法で症状を改善に導きます。
また交通事故治療のうち、最も怖いのが手足のしびれなどの神経症状です。これらは放置しておくと後遺症になる可能性もありますので、そうした症状を見落とすことがないよう、診断の際には細心の注意を払っております。

交通事故に遭ったら?

交通事故に遭った時には、以下のことを速やかに行うようにしてください。

1加害者の免許証の確認

加害者の免許証を確認し、相手の氏名、住所、連絡先、車のナンバーを控えるようにしてください。またこの時、相手が任意保険に加入しているかどうかも確認するようにしましょう。

2警察に被害届を提出

警察に連絡し、被害届を提出してください。事故発生から時間が経過すると、事故当時の記憶が曖昧になることもありますので、速やかに連絡するようにしてください。
また仮渡金の請求に必要となりますので、併せて交通事故証明書の申請も行ってください。

3医師の診断を受ける

激しい痛みなどの自覚症状がなくても、思わぬところに異常が生じている場合もありますので、必ず医師による診断を受けるようにしてください。診断後、医師に診断書を作成してもらい、それを警察に提出して自賠責保険へ治療費を請求します。

4保険会社に整骨院で治療を受ける旨を伝える

保険会社の担当者に、整骨院で治療を受ける旨を伝えてください。なお、どの整骨院に通院するかは患者様自身に決める権利があります。

転院について

当院では、他院にて治療を受けられていた方への交通事故治療を行っておりますので、転院をご希望の方はお気軽に当院までお問い合わせください。

整骨院での治療と、整形外科での治療はどこが違うのか?

整形外科では画像中心の診断となりますが、整骨院では「手で触れる」ことが診断の中心となります。交通事故による怪我で最も多いのはむち打ちですが、この場合、骨には異常はありません。しかし整形外科ではレントゲン撮影による画像で異常を確認しようとし、結果、画像には骨しか映らないので「とりあえず固定」して、薬や湿布を患者様に渡すという治療になりがちです。
しかし整骨院では、患者様が痛みを訴えている部分を手で触れ、レントゲン撮影では確認することができない筋肉や靭帯などの異常を確認します。つまり、症状に対してより細やかな診断を受けられることが整形外科との違いであり、また整骨院での治療の大きなメリットなのです。

治療の流れ

むち打ち、腰痛、頭痛・吐き気、手足のしびれなど、患者様が訴えるそれぞれの症状に合わせて、手技、鍼灸、器具による治療など、適切な方法で症状を改善に導きます。
また交通事故治療のうち、最も怖いのが手足のしびれなどの神経症状です。これらは放置しておくと後遺症になる可能性もありますので、そうした症状を見落とすことがないよう、診断の際には細心の注意を払っております。

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • むち打ち
  • 頭痛・吐き気
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 手足のしびれ
  • 慢性的な体のだるさ
  • 食欲不振
  • 不眠

これら以外の症状でも、何かお悩みのことがあればすぐに当院までご連絡ください。
また、事故後すぐに自覚症状がなくても、数日後に症状が現れることもありますので、交通事故に遭われた時は、できるだけ早く当院にて診療を受けられるようにしてください。

補償・慰謝料について

交通事故の治療では、自賠責保険や任意保険の適用により、次のものが被害者に支払われます。

原則、1日あたり5,700円が支払われます。また1日の収入がこれを超えることが証明できる場合には、1日あたり19,000円を限度額とする金額が支払われます。
専業主婦の方につきましても、家事を行えなくなった場合には収入の減少があったものとみなし、1日あたり5,700円を限度額とする金額が支払われます。

治療費

診察費、入院費、手術費、転院費など、治療に必要な費用が支払われます。また通院に必要な交通費も、こちらに含まれます。

休業損害費

慰謝料

交通事故により、被害者が受けた精神的苦痛に対して支払われる賠償金です。1日あたり4,200円が支払われます。慰謝料の支払い対象日は、治療を開始した日から終了した日までの「治療期間」と、実際に治療を受けた日数である「実治療日数」から算出されます。

side_inq.png